初議会を開催 平成15年4月第1回臨時会
議長に中川卓士議員、副議長に、細井敏彦議員を選出

 

 衣浦東部広域連合誕生後、初の議会となる4月臨時会が、4月16日に開催されました。
 開会後、議事に先立ち議長の選挙が行われ、中川卓士議員が当選し、就任しました。
 続いて、議員提出議案として、広域連合議会会議規則の制定と広域連合議会議会運営委員会条例の制定の2件及び専決処分事項の指定を審議し、議決しました。
 また、副議長の選挙では、細井敏彦議員が当選し、就任しました。
 広域連合提出議案は、助役等の選任の同意4件、専決処分の承認4件、平成15年度衣浦東部広域連合一般会計予算など13議案を審議し、議決をしました。
 この他、議会運営委員の選任や選挙管理委員の選挙などが行われ、さらに議会運営委員会では、正副委員長を選出しました。

 臨時会の提出議案等とその審議結果は、こちらをご覧ください。
 会議の詳しい内容は、会議録をごらんください。(外部リンク)

 この議会で決まった主な内容は次のとおりです。

◇助役、収入役、監査委員の選任を同意
助役 田中勇(知立市助役)
収入役 清水逸男(刈谷市収入役)
監査委員 権田e弘(識見)、杉浦達也(議選)

◇議会運営委員会委員を選任
 議会運営委員に次の方が選任されました。

禰%c 政信(ねぎた まさのぶ)

碧南市

 

7

長谷川 稔明(はせがわ としあき)

刈谷市

委員長

12

神谷 剋良(かみや かつよし)

安城市

 

15

本多 正幸(ほんだ まさゆき)

知立市

副委員長

17

神谷 宏(かみや ひろし)

高浜市

 

◇平成15年度衣浦東部広域連合一般会計予算を原案どおり議決
 歳入歳出総額は、66億3500万円で、平成15年度のみの臨時的経費である退職手当組合加入負担金の20億円余を除くと前年度並みの予算規模となります。

◇選挙管理委員会委員及び補充員を選挙
 選挙管理委員会委員及び補充員の選挙が行われ、次の方が当選されました。 
委員 榊原鋼一(碧南市)、澤田明慶(刈谷市)、加藤敞三(知立市)、石川博義(高浜市)
補充員 梅村進(安城市)、竹内康雄(知立市)、杉浦貞子(高浜市)、奥谷弘和(碧南市)