平成17年第3回
          衣浦東部広域連合議会臨時会会議録
                (9月29日)

○平成17年9月29日午前10時第3回衣浦東部広域連合議会臨時会は衣浦東部広域連合議会議場(刈谷市役所議会会議室)に招集された。

○平成17年9月29日午前10時00分開議


○議事日程第5号
 日程第1  議席の指定
 日程第2  会議録署名議員の指名
 日程第3  会期の決定
 日程第4  議会運営委員会委員の選任について
 日程第5  議案第11号及び議案第12号(上程〜採決)
   議案第11号 財産の取得について(水槽付消防ポンプ自動車)
   議案第12号 財産の取得について(高規格救急自動車)
 日程第6  議案第13号から議案第15号まで(上程〜採決)
   議案第13号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少について
   議案第14号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について
   議案第15号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について
 日程第7  議員提出議案第1号(上程〜採決)
   議員提出議案第1号 議員の派遣について

○会議に付した事件
 日程第1から日程第7まで
 日程追加 委員会の閉会中の継続調査申出事件について

○出席議員は、次のとおりである。
      2番  石 川 輝 彦       3番  沓 名   宏
      4番  山 田 修 司       5番  蜂須賀 信 明
      6番  星 野 雅 春       7番  久 野 金 春
      8番  稲 垣 茂 行       9番  永 田 敦 史
     10番  早 川 健 三      11番  細 井 敏 彦
     12番  加 藤 勝 美      13番  早 川 輝 好
     14番  久 田 義 章      15番  嶋 崎 康 治
     16番  佐 野 勝 已      17番  水 野 金 光

○欠席議員は、次のとおりである。
      1番  下 島 良 一

○説明のため出席した者の職・氏名は次のとおりである。

広域連合長
副広域連合長
助役
事務局長
消防次長
消防局消防課長
消防局通信指令課長
刈谷消防署長
知立消防署長
      榎 並 邦 夫
神 谷   学
稲 垣 健 允
横 山 信 之
神 谷 正 隆
三 井 良 明
斉 藤 辰 彦
石 川 好 勝
野 畑 清 秋
      副広域連合長
副広域連合長
収入役
消防長
事務局総務課長
消防局予防課長
碧南消防署長
安城消防署長
高浜消防署長
      永 島   卓
本 多 正 幸
竹 中 良 則
今 田 憲比呂
清 水 常 次
下 條   博
横 山 貞 二
片 桐 謙 一
金 原 敏 行
 


○職務のため出席した事務局職員の職・氏名は次のとおりである。

事務局総務課長補佐
主事
      兵 藤 雅 晴
鈴 木 善 三
      専門員       鶴 田 雅 彦


○会議の次第は、次のとおりである。
○議長(加藤勝美)
 ただいまの出席議員は16名で、定足数に達しております。
 これより平成17年第3回衣浦東部広域連合議会臨時会を開会いたします。
          (開会 午前10時00分)
○議長(加藤勝美)
 御報告いたします。知立市議会選出の三浦康司議員、馬場節男議員、嶋崎康治議員は平成17年8月25日付で広域連合議会議員を辞職されました。
 次いで、このほど知立市長から広域連合議会議員選出の通知があり、これを受理いたしましたので御報告申し上げます。知立市議会選出の早川輝好議員、久田義章議員、嶋崎康治議員の3名であります。
 本日の議事日程は、第5号でお手元に配付したとおりでございます。
 これより、本日の会議を開きます。
          (開議 午前10時01分)
○議長(加藤勝美)
 日程第1「議席の指定」を行います。
 このたび選出された3名の議席は、会議規則第3条第1項の規定により、議長において指定いたします。
 議員の氏名とその議席の番号を朗読させます。議会書記長。
○議会書記長(横山信之)
 朗読します。
 13番 早川輝好議員、14番 久田義章議員、15番 嶋崎康治議員、以上です。
○議長(加藤勝美)
 ただいま朗読したとおり議席を指定いたしました。
○議長(加藤勝美)
 日程第2「会議録署名議員の指名」を行います。
 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、7番 久野金春議員及び14番 久田義章議員を指名いたします。
○議長(加藤勝美)
 日程第3「会期の決定」を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 御異議なしと認めます。よって、会期は1日と決定いたしました。
○議長(加藤勝美)
 次に、日程第4「議会運営委員会委員の選任について」を議題といたします。
 お諮りいたします。
 広域連合議会議員の辞職に伴い、委員1名が欠員となっております。議会運営委員会委員の後任の選任につきましては、議会運営委員会条例第4条の規定により、14番 久田義章議員を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました久田義章議員を議会運営委員会委員に選任することに決定しました。
 本会議をしばらく休憩します。
          (休憩 午前10時03分)
          (再開 午前10時15分)
○議長(加藤勝美)
 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。
 議会運営委員会の委員長の互選結果を御報告いたします。委員長に久田義章議員。以上のとおりであります。
 ただいま開催されました議会運営委員会において、閉会中の継続調査申出事件について協議され、議会運営委員会委員長からお手元に配付しました一覧表の事件について、委員が変更されるまで閉会中も継続して調査したい旨、会議規則第102条の規定により申し出がありました。
○議長(加藤勝美)
 お諮りいたします。「委員会の閉会中の継続調査申出事件について」を日程に追加し、直ちに議題にしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 御異議なしと認めます。よって、「委員会の閉会中の継続調査申出事件について」を日程に追加し、議題とすることに決定しました。
 「委員会の閉会中の継続調査申出事件について」を議題といたします。
 お諮りいたします。
 議会運営委員会委員長の申し出のとおり、委員が変更されるまで、閉会中の継続調査事件とすることに御異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 御異議なしと認めます。よって、お手元に配付しました一覧表の事件については、委員の変更がされるまで閉会中の継続調査事件とすることに決定しました。
○議長(加藤勝美)
 日程第5、議案第11号及び議案第12号の2議案を一括議題といたします。
 本案の説明を願います。消防長。
○消防長(今田憲比呂)
 ただいま上程されました議案第11号及び議案第12号「財産の取得について」の2議案につきまして、一括提案理由の御説明を申し上げます。
 議案書の1ページをお願いいたします。
 議案第11号「財産の取得について」御説明申し上げます。
 取得する財産は、碧南消防署配備の水槽付消防ポンプ自動車が本年9月末現在で15年と6カ月、刈谷消防署配備の水槽付消防ポンプ自動車が15年と6カ月、同消防署配備の消防ポンプ自動車が19年と11カ月、安城消防署配備の水槽付消防ポンプ自動車が15年と6カ月が経過したこと及びNOX・PM法により当該車両が使用できなくなるため、更新をお願いするものでございます。
 取得する財産の種類は、水槽付消防ポンプ自動車、数量4台を取得金額1億4,217万円で、予定価格に対する比率は99.92%でございます。
 契約の相手方は、名古屋市中区栄五丁目1番35号、株式会社モリタ名古屋支店、支店長、中川龍太郎でございます。
 次に、議案書の4ページをお願いいたします。
 議案第12号「財産の取得について」御説明申し上げます。
 取得する財産は、刈谷消防署配備の高規格救急自動車が本年9月末現在で11年と8カ月、知立消防署配備の高規格救急自動車が11年と11カ月経過したことに伴い、更新をお願いするものでございます。
 取得する財産の種類は、高規格救急自動車、数量2台でございまして、取得金額は3,475万5,000円、予定価格に対する比率は95.69%でございます。また、高度救命処置用資機材数量2式の取得金額は2,184万円、予定価格に対する比率は97.85%でございます。
 契約の相手方といたしましては、高規格救急自動車につきましては、安城市横山町大山田中79番地3、三河日産自動車株式会社、代表取締役、近藤誠、積載する高度救命処置用資機材につきましては、名古屋市東区葵1丁目26番12号、日本船舶薬品株式会社、名古屋営業所長、渡辺英昭でございます。
 以上、御説明申し上げました2議案の提案理由でございますが、いずれも衣浦東部広域連合議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を得る必要があるからでございます。
 以上、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。
○議長(加藤勝美)
 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。発言を許します。17番 水野議員。
○17番(水野金光)
 それでは、議案第11号の件ですが、これは入札を行ったが不調に終わって随意契約ということのようですが、実際に入札を行ったときに6社参加しておって、予定価格を一度も下回ることができなかったということかと思いますが、3回目の入札のそれぞれの企業の金額と予定価格、これについて報告をお願いしたいと思います。
 それから、議案第12号も同じく高度救命処置資機材2式についても3社がやはり入札されておりますが、それはいずれも不調に終わったということで、これも同様にどのような金額であったのかということをそれぞれ御報告をお願いします。
○議長(加藤勝美)
 ただいまの質問に対し答弁願います。総務課長。
○事務局総務課長(清水常次)
 入札が不調になった案件の3回目の金額をということでございますが、水槽付消防ポンプ自動車の方ですが、愛知日野自動車株式会社岡崎営業所は第3回目は辞退でございます。いすゞ自動車東海株式会社岡崎支店は1億3,676万円でございます。日本機械工業株式会社名古屋営業所は1億3,592万円でございます。平和機械株式会社は1億3,596万円でございます。株式会社畠山ポンプ製作所でございますが、1億3,652万円でございます。それから、株式会社モリタ名古屋支店でございますが、1億3,560万円でございます。予定価格は、水槽付消防ポンプ車が1億4,228万2,350円でございます。
 それから、高度救命処置用資機材の関係でございますが、株式会社名古屋医理科商会三河営業所でございますが、2,222万円でございます。それから、日本船舶薬品株式会社名古屋営業所でございますが、2,198万円でございます。株式会社八神製作所安城営業所でございますが、2,223万円でございます。予定価格は2,125万7,000円でございます。
 以上でございます。
○議長(加藤勝美)
 17番 水野議員。
○17番(水野金光)
 そうしますと、議案第11号については予定価格が1億4,228万円というものに対して、それぞれいずれも下回っているわけですが、これは最低価格を上回っているから不調ということですか。この関係について確認させていただきたいということと、それから高度救命処置用資機材については、2,125万円に対してそれぞれ上回っておったということでありますが、これについては従来、そういうことがしばしばあるのかどうか。今、仕事が結構不足しているところであるわけですから、十分予定価格を下回るような入札というのは、普通であれば不調というのはあり得ないと考えておりますが、今回についてはどのような状況で不調に終わったのかということと、それから、その後、随意契約によって、そのときには下回ってきたというところでは、業者はどういう随意契約に当たっての対応をしておったのかということについても、なぜ予定価格を下回ることができたのかということについてもあわせて答弁をお願いしたいと思います。
○議長(加藤勝美)
 総務課長。
○事務局総務課長(清水常次)
 大変失礼いたしました。予定価格ですが、消費税込みと抜きということで、ちょっと私混同してしまいまして、申しわけございませんでした。応札してまいりましたのが消費税を抜いた金額でございましたので、抜いた価格の予定価格でございますが、水槽付消防ポンプ自動車につきましては1億3,550万7,000円ということでございます。申しわけございませんでした。それから、救急自動車は先ほど申し上げましたように消費税を抜いた額でございますが、2,125万7,000円ということでございます。
 続きまして、入札が3回でなぜ落ちなかったかということでございますが、私どもは予定価格を設定します際におきましては、各市のほかの近隣の関係市等の価格とか、昨年度の実績とか、そういったことを考慮いたしまして予定価格を設定しておりまして、前年他市との比較を見ましても、必ずしも予定価格が高かったという状況、なかなか原因は難しかったわけですが、適正な予定価格を設定したと思っております。
 随意契約でなぜ下回ったかということでございますが、予定価格とその差が少額であったと、5%内でございますときには随意契約でそのまま2社からやると、関係市もそういったふうにやってございますので、少額であったからということになろうかと思っております。
 以上でございます。
○議長(加藤勝美)
 17番 水野議員。
○17番(水野金光)
 まず、消防車の方ですけれども、6社というところで、出されておる3回目の入札価格が非常に接近した金額になっているわけですね。そういう点ではいろいろな入札について、ほかの業界でもさまざまな談合等の疑惑があるわけですけれども、今回そういう面では、これだけよく似るものだなと思うぐらいに金額が非常に近いところにそろっているという点でも、1つは、こういう入札業者をもっと広げるというのか、改善の必要があるのではないかと、その辺については今、担当としてはどのように考えているのかということについても、今の判断、それについても伺っておきたいと。
 それから、今後そういう面では、これからもこうした車両の購入は考えられるわけですが、入札に当たって業界を広く調査して、幅広くこういうものに応ずる業者を探すとか、改善の余地があるように思うんですけれども、それについての考え方をお聞きしたいと思います。
 それから、議案第12号についても同様の状況が言えると思うんですね。落札率についても先ほど提案のところで報告がありましたけれども、消防車については99.92%、それから機器については97.85%ということで、非常に落札率も高どまりしているという点でも改善の余地があるというふうに思っているわけですけれども、この件については今後の改善に結びつける考え方ということについてお伺いします。
○議長(加藤勝美)
 事務局長。
○事務局長(横山信之)
 それでは、業者の選定についていろいろと今後の検討はどうかということでございますが、御承知のように、いずれにしましても消防自動車の特に水槽付消防ポンプ自動車という、どちらかというと大型なものに、消防団等の消防車とはちょっと違いまして特殊なものということもありまして、なかなか業者を選定いたしましても、それに対応できる業者が少ないということで、全国的にもこのような業者になるということで、私どもも先ほど議員が言われましたようにいろいろと調査はしておりますが、これにつきましては今後もこういう傾向かなというふうには思っております。
 それから、入札について高どまり傾向がある。それについてはどう考えるかということでございますが、特に消防関係の車両とか、それから物品につきましては、なかなか特殊物品ということもありまして、業者の見積もり等を参考に予定価格等を設定するというような場合が多いので、このようなことになっているということでございますので、よろしくお願いいたします。
 以上です。
○議長(加藤勝美)
 ほかにありませんか。8番 稲垣議員。
○8番(稲垣茂行)
 ただいま議案の中に出ております高度救命処置用の資機材のことについてお伺いいたします。
 資機材は今回2,184万円という決定価格になったわけですけれども、時代は今、高度救急ということで、非常に医療に関しても新しい職員の方々には対応を迫られているという時代であります。時代はメディカルコントロールも受けながら救命救急の職務に携わるような、そういう時代になってまいりましたので、このたび取得する資機材につきまして、従来と違いがどのように出てきているのか。また、今の時代に合わせた新しい資機材の内容等で違いがあるのかどうか、そこら辺のことをお伺いしたいと思います。
○議長(加藤勝美)
 消防次長。
○消防次長(神谷正隆)
 高度資機材の関係の御質問でございますけれども、具体的な資機材の内容としましては変わっていないということがございますが、その中に主に資機材の関係で取り入れておりますものにつきましては、人工呼吸が必要な傷病者の気道を確保するために使用する気道確保用資機材、心臓を正常な働きに戻すため電気ショックを行う自動体外式除細動器、救命士が行う薬剤投与等の輸液用資機材一式、それから傷病者の脈及び血液中の酸素の濃度を図る血液酸素飽和度測定器、傷病者の心電図を医療機関に送る心電計及び心電図電送装置、自動車電話及びファクスで構成されておるのが主な機材でございます。そして、特に車両等に取りつけ等がございます、そうしたものを含めますと、このような状況になるということでございますので、よろしくお願いします。
○議長(加藤勝美)
 ほかにありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 ほかにないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許可します。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 本案に対する反対討論はなしと認めます。
 次に、本案に対する賛成討論の発言を許可します。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 本案に対する賛成討論はなしと認めます。
 これにて討論は終わります。
 これより採決に入ります。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の議員の挙手を求めます。
          (賛成者挙手)
○議長(加藤勝美)
 ありがとうございました。
 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長(加藤勝美)
 次に、日程第6、議案第13号から議案第15号までの3議案を一括議題といたします。
 本案の説明を願います。事務局長。
○事務局長(横山信之)
 ただいま上程されました議案第13号から議案第15号までの3議案につきまして、一括して提案理由の御説明を申し上げます。
 議案書8ページをごらんください。
 まず、議案第13号「愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少について」は、平成17年9月30日をもって北設楽郡設楽町及び津具村が設楽町に、南設楽郡鳳来町及び作手村が新城市と、渥美郡渥美町及び田原渥美清掃施設組合が田原市と合併することに伴い、3町2村1組合の6団体を愛知県市町村職員退職手当組合から脱退させることについて、議決をお願いするものでございます。
 次に、9ページ、10ページをごらんください。
 議案第14号「愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について」は、平成17年10月1日に北設楽郡設楽町及び津具村が合併して設立される設楽町を同日から愛知県市町村職員退職手当組合に加入させること並びに議案第13号において説明いたしました9月30日付で6団体が脱退すること及び10月1日付で1団体が加入することに伴い規約を変更することについて、議決をお願いするものでございます。
 規約の主な変更内容につきましては、ただいま御説明しました加入団体の増減に伴い、組合を組織する地方公共団体及び議員の選挙区を指定している別表を14選挙区から12選挙区に変更するものであります。
 次に、11ページ、12ページをごらんください。
 議案第15号「愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について」は、北設楽郡富山村が豊根村と平成17年11月27日をもって合併することに伴い、同月26日をもって富山村を愛知県市町村職員退職手当組合から脱退させ、同月27日付で規約を変更することについて、議決をお願いするものでございます。
 規約の主な変更内容につきましては、ただいま御説明しました加入団体の減少に伴い、組合を組織する地方公共団体及び議員の選挙区を指定している別表中において、9区から富山村を削除するものであります。
 以上、御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、原案どおり御決定賜りますようお願い申し上げます。
○議長(加藤勝美)
 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。発言を許します。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許可します。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 本案に対する反対討論はなしと認めます。
 次に、本案に対する賛成討論の発言を許可します。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(加藤勝美)
 本案に対する賛成討論はなしと認めます。
 これにて討論は終わります。
 これより採決に入ります。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の議員の挙手を求めます。
          (賛成者挙手)
○議長(加藤勝美)
 ありがとうございました。
 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長(加藤勝美)
 日程第7、議員提出議案第1号「議員の派遣について」を議題といたします。
 議会運営委員会副委員長より本案の説明を願います。議会運営委員会副委員長。
○議会運営委員会副委員長(沓名 宏)
 ただいま上程されました議員提出議案第1号「議員の派遣について」提案理由の御説明を申し上げます。
 これは地方自治法第100条第12項及び衣浦東部広域連合会議規則第157条の規定により議決をお願いするものでございまして、本年10月3日から10月4日の2日間、広域連合の実態及び消防業務の実情を調査するため、徳島中央広域連合及び倉敷市消防局において実施する議会運営委員会の行政調査にあわせ、議会運営委員会の申し合わせに基づき正副議長を派遣するものでございます。
 議員各位におかれましては、ぜひ御賛同賜り、原案どおり決定いただきますようお願い申し上げます。
 以上をもちまして提案理由の説明とさせていただきます。
○議長(加藤勝美)
 提案理由の説明は終わりました。
 これは議会運営委員会で決定したことですので、よろしくお願いいたします。
 これより採決に入ります。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の議員の挙手を求めます。
          (賛成者挙手)
○議長(加藤勝美)
 ありがとうございました。
 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 なお、派遣の内容に変更が生じた場合は、議長に一任願います。
○議長(加藤勝美)
 これで、本臨時会に上程されました案件はすべて終了いたしました。議員各位におかれましては、御熱心に御審議賜り、また議事進行に御協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
 これをもちまして、平成17年第3回衣浦東部広域連合議会臨時会を閉会いたします。
          (閉会 午前10時42分)

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。


     平成17年9月29日


      衣浦東部広域連合議会 議  長  加 藤 勝 美


      衣浦東部広域連合議会 議  員  久 野 金 春


      衣浦東部広域連合議会 議  員  久 田 義 章



     平成17年第3回衣浦東部広域連合議会臨時会会期日程

月 日 曜 日 開 議 日 程
9月29日 午前10時 臨時会 ・開会                       
    ・議席の指定                    
    ・会議録署名議員の指名               
    ・会期の決定                    
    ・議案上程〜採決                  
     (議案第11号〜議案第15号、議員提出議案第1号)
    ・閉会                       




     平成17年第3回衣浦東部広域連合議会臨時会審議結果

種類・番号 件   名 審議結果
議案第11号 財産の取得について(水槽付消防ポンプ自動車) 原案可決
議案第12号 財産の取得について(高規格救急自動車) 原案可決
議案第13号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少について 原案可決
議案第14号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について 原案可決
議案第15号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について 原案可決
議員提出議案第1号 議員の派遣について 原案可決