平成19年第3回
          衣浦東部広域連合議会臨時会会議録
                (12月19日)

○平成19年12月19日午後2時第3回衣浦東部広域連合議会臨時会は衣浦東部広域連 合議会議場(刈谷市役所議会会議室)に招集された。

○平成19年12月19日午後2時00分開議

○議事日程第5号
 日程第1  会議録署名議員の指名
 日程第2  会期の決定
 日程第3  議案第12号(上程〜採決)
   議案第12号 衣浦東部広域連合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第4  議案第13号(上程〜採決)
   議案第13号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について
 日程第5  議会運営委員会行政調査の報告について

○会議に付した事件
 日程第1から日程第5まで

○出席議員は、次のとおりである。
      1番  宮 田 裕 之      2番  倉 内 成 幸
      3番  黒 柳 周 二      4番  加 藤 賢 次
      5番  西 口 俊 文      6番  大 長 雅 美
      7番  星 野 雅 春      8番  石 川 孝 文
      9番  都 築 國 明     10番  近 藤 正 俊
     11番  土 屋 修 美     12番  平 林 正 光
     13番  高 木 正 博     14番  三 浦 康 司
     15番  高 橋 憲 二     16番  岡 本 邦 彦
     17番  神 谷   宏

○欠席議員は、次のとおりである。
        な     し

○説明のため出席した者の職・氏名は次のとおりである。
   広域連合長   永 島   卓     副広域連合長  竹 中 良 則
   副広域連合長  神 谷   学     副広域連合長  本 多 正 幸
   副広域連合長  森   貞 述
   広域連合副長  鈴 木 隆 太     事務局長    山 口 孝 英
   消防長     新 家 武 典     消防次長    田 川 直 樹
   事務局総務課長 高 見 三 男     消防局消防課長 三 井 良 明
                       消防局
   消防局予防課長 下 條   博             斉 藤 辰 彦
                       通信指令課長
   刈谷消防署長  石 川 好 勝     安城消防署長  片 桐 謙 一
   知立消防署長  野 畑 清 秋     高浜消防署長  金 原 敏 行

○職務のため出席した事務局職員の職・氏名は次のとおりである。
   書記長     山 口 孝 英     書記      高 見 三 男
   書記      岩 月 正 也     書記      加 藤 大 輔
   書記      鈴 木 善 三

○会議の次第は、次のとおりである。
○議長(神谷 宏)
 皆さんこんにちは。ただいまの出席議員は17名で、定足数に達しております。
 これより平成19年第3回衣浦東部広域連合議会臨時会を開会いたします。
            (開会 午後 2時00分)
○議長(神谷 宏)
 本日の議事日程は、第5号でお手元に配付したとおりでございます。
 これより本日の会議を開きます。
            (開議 午後 2時00分)
○議長(神谷 宏)
 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、1番 宮田裕之議員及び15番 高橋憲二議員を指名いたします。
○議長(神谷 宏)
 日程第2「会期の決定」を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。これに御異議はありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(神谷 宏)
 御異議なしと認めます。よって、会期は1日と決定いたしました。
○議長(神谷 宏)
 日程第3、議案第12号「衣浦東部広域連合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。
 本案の説明を願います。事務局長。
○事務局長(山口孝英)
 ただいま上程されました議案第12号「衣浦東部広域連合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」提案理由の御説明を申し上げます。
 議案書の1ページをお願いいたします。
 議案第12号「衣浦東部広域連合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」でございます。これは去る8月8日人事院から国家公務員の給与改定の勧告がなされ、国会において「一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律」が11月26日に可決し、11月30日に公布されましたことに伴い、広域連合職員の給与の改正を行うものでございます。
 改正の内容といたしましては、職員に配偶者がある場合、配偶者以外の扶養親族の扶養手当を月額6,000円から6,500円に引き上げ、一般職員の平成19年度の12月期勤勉手当等支給率を100分72.5から100分の77.5に引き上げ、行政職給料表及び消防職給料表において初任給を初めとした若年層の給料表を改正するものでございます。
 施行日は公布の日とし、扶養手当及び給料表の改正は、本年4月1日から、勤勉手当の支給率の改正は、同年12月1日から適用するものでございます。
 以上、御説明申し上げましたが、よろしく御審議のうえ、原案どおり御決定賜りますようお願い申し上げます。
 以上でございます。
○議長(神谷 宏)
 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。発言を許可いたします。
            (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(神谷 宏)
 ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許可いたします。
            (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(神谷 宏)
 本案に対する反対討論はなしと認めます。
 次に、本案に対する賛成討論の発言を許可いたします。
            (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(神谷 宏)
 本案に対する賛成討論はなしと認めます。
 これにて討論は終わります。
 これより採決に入ります。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。
            (賛成者挙手)
○議長(神谷 宏)
 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長(神谷 宏)
 日程第4、議案第13号「愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について」を議題といたします。
 本案の説明を願います。事務局長。
○事務局長(山口孝英)
 ただいま上程されました議案第13号「愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について」提案理由の御説明を申し上げます。
 議案書の14ページをお願いいたします。
 議案第13号「愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について」でございます。
 これは平成20年1月15日に宝飯郡音羽町及び同郡御津町が豊川市へ編入合併いたします。また、これに伴い、御津町と小坂井町を構成団体とする宝飯郡南部学校給食組合が解散するため、愛知県市町村職員退職手当組合を構成する地方公共団体数を減少させる必要が生じ、規約を変更することについて議決を求めるものでございます。
 変更の内容といたしましては、加入団体の減少に伴い、組合を組織する地方公共団体を指定している別表第1及び議員の選挙区を指定している別表第2中において、音羽町、御津町及び宝飯郡南部学校給食組合を削除するもので、施行期日は平成20年1月15日でございます。
 以上、御説明申し上げましたが、よろしく御審議のうえ、原案どおり御決定賜りますようお願い申し上げます。
 以上でございます。
○議長(神谷 宏)
 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。発言を許可いたします。事務局長。
○事務局長(山口孝英)
 ただいまの説明の中で宝飯郡南部学校給食組合と申し上げましたが、宝飯南部学校給食組合でございますので、訂正をさせていただきます。失礼しました。
○議長(神谷 宏)
 ほかにありませんか。
            (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(神谷 宏)
 ほかにないようですので、質疑は終わります。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許可いたします。
            (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(神谷 宏)
 なしと認めます。
 次に、本案に対する賛成討論の発言を許可いたします。
            (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(神谷 宏)
 なしと認めます。
 これにて討論は終わります。
 これより採決に入ります。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の議員の挙手を求めます。
            (賛成者挙手)
○議長(神谷 宏)
 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長(神谷 宏)
 日程第5「議会運営委員会行政調査の報告について」を議題といたします。
 議会運営委員会委員長より報告を願います。議会運営委員会委員長。
○議会運営委員会委員長(倉内成幸)
 それでは、御報告をさせていだたきます。
 議会運営委員会は、議長、副議長同伴のうえ、平成19年11月5日と6日の両日にわたり、静岡市消防防災局及び東京消防庁へ消防事務の行政調査を実施いたしましたので、御報告を申し上げます。
 まず初めに、静岡市消防防災局から御報告を申し上げます。
 静岡市は、平成15年4月に清水市と合併し、政令指定都市となり、その後蒲原町と飛地合併し、現在は蒲原町との間にある由比町と合併の協議を進めているということであります。
 消防防災局の組織については、2部7課6署16出張所を有し、来年度の防災ヘリコプターの導入計画に伴い1課がふえる予定で、車両については、地震強化地域ならではのキャタピラー付震災工作車を配置しております。
 消防団については、3つの消防団で活動していますが、平成20年4月をめどに統合予定とのことです。
 大規模災害への対応については、同時多数の通報に対し、通信司令室で119番対応ができなくなることを想定し、「災害情報共有システム」を整備しております。このシステムにより通信指令室から指令を下すことなく各消防署への方針により活動ができ、消防力の集中を回避するものであります。
 今後の課題としては、由比町との合併及び防災部の連携強化、団統一などの課題があると申しておりました。
 次に、東京消防庁救急部の御報告に移ります。
 東京消防庁は、東京都のほぼ全域を管轄区域として、職員数は1万8,000人、消防車両は1,900台を整備し、規模だけでなく高度な特殊部隊や車両による活動も期待されております。救急部では、今年度に新たに救急車両を適正利用のための試行運転、軽傷者のための民間救急コールセンターの開設、医療機関案内などさまざまな対策を行いましたが、件数減少にはなかなか至らなかったということであります。
 さらに、分析を進めたところ、都民は医学的見地からのアドバイスと医療機関の情報を求めていることが判断でき、行政から適正利用を訴えているにもかかわらず、的確な情報提供がされていなかったという結果が出たそうです。
 この対策として、医師を中心とする救急業務懇話会の中で「救急相談センター」の開設と「救急搬送トリアージ」の試行が答申されました。
 「救急相談センター」については、知事直轄の事業として位置づけ、24時間365日体制で都民からの電話に対応し、救急隊経験者、看護師、医師などが対応し、受診判断や応急手当のアドバイスや相談などを検討しているそうであります。
 これより当初イメージしていた出動件数の抑制は単に消防だけの問題ではなく、救急医療体制全体としてとらえなければ本当に役に立つ制度にはならないという考えに至り、福祉保健局、医師会、救急専門医、東京消防庁などで協議を進め、業務内容の検証等を行い、東京都の救急医療体制を支えていくということでした。
 質問に入り、地域等による救急車到着時間の格差への対応については、出動頻度の調査により件数の多い署所に車両を配置してきたが、解決案とはならず、将来的には車両を固定させた消防署ではなく、待機場所を移動させて出動させることを視野に入れているそうであります。
 次に、渋滞時の出動対応については、救急隊から本人や家族に電話をし、容態の確認や応急手当の指示を行い、出動途中の時間をむだにしない努力や、2次的出動で近くの消防隊が出動し、対応しているとのことです。また、有害ガス等の災害については、装備の整った部隊を先行させ、安全を確保した後に救急活動に入る体制をとっているとのことです。
 最後に団塊世代の職員退職に対して、前倒し採用は難しく、職員定数のまま救急隊員の3名という概念を捨て、多くの職員に搭乗させ、すそ野を広げ、資格者の増、核となる職員育成のための指導者教育を徹底していくことを検討しているとのことです。
 以上で議会運営委員会が実施いたしました行政調査の報告とさせていただきます。
 ありがとうございました。
○議長(神谷 宏)
 どうもありがとうございました。
 ただいま議会運営委員会委員長からの報告が終わりました。
 本件は報告ですので、御了承願います。
○議長(神谷 宏)
 これで本臨時会に上程されました案件はすべて終了いたしました。
 議員各位におかれましては、御熱心に御審議賜り、また議事進行に御協力をいただき厚く御礼申し上げます。
 これをもちまして、平成19年第3回衣浦東部広域連合議会臨時会を閉会いたします。
            (閉会 午後 2時15分)






地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。


     平成19年12月19日


      衣浦東部広域連合議会 議  長  神 谷   宏


      衣浦東部広域連合議会 議  員  宮 田 裕 之


      衣浦東部広域連合議会 議  員  高 橋 憲 二



       平成19年第3回衣浦東部広域連合議会臨時会会期日程

月 日 曜 日 開 議 日  程
12月19日 午後2時 臨時会 ・開会
    ・会議録署名議員の指名
    ・会期の決定
    ・議案上程〜採決
     (議案第12号〜議案第13号)
    ・議会運営委員会行政調査の報告について
    ・閉会



       平成19年第3回衣浦東部広域連合議会臨時会審議結果

種類・番号 件   名 審議結果
議案第12号 衣浦例東部広域連合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について 原案可決
議案第13号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について 原案可決