平成24年第1回
          衣浦東部広域連合議会臨時会会議録
                (5月25日)


○平成24年5月25日午後1時30分第1回衣浦東部広域連合議会臨時会は衣浦東部広
 域連合議会議場(刈谷市役所議会会議室)に招集された。

○平成24年5月25日午後1時30分開議

○議事日程第2号
 日程第1  議席の指定
 日程第2  会議録署名議員の指名
 日程第3  会期の決定
 日程第4  副議長の選挙
 日程第5  同意第1号(上程〜採決)
   同意第1号 広域連合副長の選任について
 日程第6  同意第2号(上程〜採決)
   同意第2号 監査委員の選任について
 日程第7  議案第7号(上程〜採決)
   議案第7号 財産の取得について(救助工作車)

○会議に付した事件
 日程第1から日程第7まで
 日程追加 議長の辞職
 日程追加 議長の選挙

○出席議員は、次のとおりである。
      1番  神 谷   悟      2番  下 島 良 一
      3番  石 井   拓      4番  山 内 智 彦
      5番  神 谷 昌 宏      6番  野 村 武 文
      7番  佐 野 泰 基      8番  辻 山 秀 文
      9番  白 山 松 美     10番  杉 浦 秀 昭
     11番  畔 柳 秀 久     12番  松 浦 満 康
     13番  山アりょうじ     14番  中 島 牧 子
     15番  三 浦 康 司     16番  杉 浦 敏 和
     17番  磯 貝 正 隆

○欠席議員は、次のとおりである。
        な     し

○説明のため出席した者の職・氏名は次のとおりである。
広域連合長 林 郁夫 副広域連合長 禰%c 政 信
副広域連合長 竹中良則 副広域連合長 神谷 学
副広域連合長 吉岡初浩
広域連合副長 清水雅美 事務局長 平野之保
消防長 高見三男 消防次長 廣田良一
事務局総務課長 近藤 初 消防局消防課長 北澤清秀
消防局予防課長 藤原武雄 消防局
通信指令課長 杉浦祐治
碧南消防署長 神谷 直 刈谷消防署長 山口光一
安城消防署長 大参勝昭 知立消防署長 水野恵一
高浜消防署長 近藤金幸

○職務のため出席した事務局職員の職・氏名は次のとおりである。
書記長 平野之保 書記 近藤 初
書記 澤田綱治 書記 鍔本友幸
書記 石川 基


○会議の次第は、次のとおりである。
○議長(三浦康司)
 ただいまの出席議員は16名で、定足数に達しております。
 これより平成24年第1回衣浦東部広域連合議会臨時会を開会いたします。
(開会 午後 1時30分)
○議長(三浦康司)
 開議に先立ち、林広域連合長から発言の申し出がありますので、これを許します。広域連合長。
○広域連合長(林 郁夫)
 失礼をいたします。議長よりお許しを賜りましたので、一言ごあいさつをさせていただきます。
 さきの3月27日に行われました広域連合長選挙におきまして関係市長様の御推挙をいただきまして、広域連合長の重責を担わさせていただくこととなりました。よろしくお願いをいたします。
 10年目を迎えます当広域連合でありますが、歴代の広域連合長さんのリーダーシップ、また広域連合議員様の多大なる御尽力のおかげをもちまして、地域に信頼される消防として、圏域にしっかりと足がついてきた感がございます。この組織をさらに維持、そして発展させ、そしてこの50万圏域の皆様方のより安心・安全な地域づくりに努めてまいりたいと思っておりますので、議員の皆様方のまた御理解、そして御協力、御尽力をお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。
○議長(三浦康司)
 御報告いたします。碧南市議会選出の大竹敦子議員、杉浦哲也議員、板倉虎彦議員は平成24年5月4日付で広域連合議員の任期を満了されました。また、安城市議会選出の杉山朗議員、神谷昌宏議員、今井隆喜議員、竹本和彦議員、松浦満康議員は平成24年5月10日付で、高浜市議会選出の鷲見宗重議員、磯貝正隆議員は平成24年5月15日付で広域連合議会議員を辞職されました。
 次いで、このほど碧南市長、安城市長及び高浜市長からそれぞれ広域連合議会議員選出の通知があり、これを受理いたしましたので御報告申し上げます。碧南市議会選出の神谷悟議員、下島良一議員、石井拓議員の3名、安城市議会選出の辻山秀文議員、白山松美議員、杉浦秀昭議員、畔柳秀久議員、松浦満康議員の5名、高浜市議会選出の杉浦敏和議員、磯貝正隆議員の2名、合計10名であります。
 また、石井拓議員、山内智彦議員、松浦満康議員、杉浦敏和議員を議会運営委員会委員に選任いたしましたので、あわせて御報告申し上げます。
 次に、5月17日に開催されました議会運営委員会の正副委員長の互選結果を御報告いたします。委員長に石井拓議員、副委員長に松浦満康議員、以上のとおりであります。
○議長(三浦康司)
 本日の議事日程は、第2号でお手元に配付したとおりでございます。
 これより本日の会議を開きます。
(開議 午後 1時34分)
○議長(三浦康司)
 日程第1「議席の指定」を行います。
 このたび選出された10名の議席は、会議規則第3条第1項の規定により、議長において指名いたします。
 議員の氏名とその議席番号を朗読させます。議会書記長。
○議会書記長(平野之保)
 朗読します。
 1番 神谷悟議員、2番 下島良一議員、3番 石井拓議員、8番 辻山秀文議員、9番 白山松美議員、10番 杉浦秀昭議員、11番 畔柳秀久議員、12番 松浦満康議員、16番 杉浦敏和議員、17番 磯貝正隆議員、以上です。
○議長(三浦康司)
 ただいま朗読したとおり議席を指定いたします。
○議長(三浦康司)
 本会議をしばらく休憩いたします。
(休憩 午後 1時35分)
(再開 午後 1時37分)
○議長(三浦康司)
 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。
 日程第2「会議録署名議員の指名」を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、6番 野村武文議員及び12番 松浦満康議員を指名いたします。
○議長(三浦康司)
 日程第3「会期の決定」を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(三浦康司)
 異議なしと認めます。よって、会期は1日と決定しました。
○議長(三浦康司)
 日程第4「副議長の選挙」を行います。
 お諮りいたします。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選で行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(三浦康司)
 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定しました。
 お諮りいたします。
 指名人の選任については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(三浦康司)
 御異議なしと認めます。よって、指名人は議長において指名することに決定しました。
 指名人に12番 松浦満康議員を指名いたします。12番 松浦議員。
○12番(松浦満康議員)
 副議長に神谷昌宏議員を指名いたします。
○議長(三浦康司)
 お諮りいたします。
 ただいま指名がございました神谷昌宏議員を副議長の当選人と定めることに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(三浦康司)
 御異議なしと認めます。よって、神谷昌宏議員が副議長に当選されました。
 神谷昌宏議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定による当選の告知をいたします。副議長、当選承諾のあいさつをお願いいたします。神谷議員。
○副議長(神谷昌宏)
 ただいまは副議長に御推挙いただきまして、まことにありがとうございました。もとより浅学非才でございますけれども、議長をしっかり補佐して、スムーズな会議運営となりますように努力いたしますので、皆様方の御指導、御鞭撻賜りますようにお願い申し上げまして、一言あいさつといたします。ありがとうございました。
(拍   手)
○議長(三浦康司)
 本会議をしばらく休憩いたします。
(休憩 午後 1時39分)
(再開 午後 1時41分)
○副議長(神谷昌宏)
 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。
 休憩中に三浦康司議員から議長の辞職願が提出されました。
 お諮りします。
 「議長の辞職」を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(神谷昌宏)
 異議なしと認めます。よって、「議長の辞職」を議題とすることに決定しました。
 地方自治法第117条の規定により、15番 三浦康司議員の退席を求めます。
(15番 三浦康司議員 退席)
○副議長(神谷昌宏)
 「議長の辞職」を議題とします。
 辞職願を朗読させます。議会書記長。
○議会書記長(平野之保)
 朗読します。
 平成24年5月25日。
 衣浦東部広域連合議会 副議長 神谷昌宏様。
 衣浦東部広域連合議会議長 三浦康司。
 辞職願。
 今般、一身上の都合により、衣浦東部広域連合議会議長を辞職したいので、願い出ます。
 以上です。
○副議長(神谷昌宏)
 お諮りします。
 三浦康司議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(神谷昌宏)
 異議なしと認めます。よって、三浦康司議員の議長の辞職を許可することに決定いたしました。
 退席中の15番 三浦康司議員の入場を許可します。
(15番 三浦康司議員 入場)
○副議長(神谷昌宏)
 ただいま議長が欠員となりました。
 お諮りします。「議長の選挙」を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(神谷昌宏)
 異議なしと認めます。よって、「議長の選挙」を日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。
 「議長の選挙」を行います。
 お諮りします。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選で行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(神谷昌宏)
 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定しました。
 お諮りいたします。
 指名人の選任については、副議長において指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(神谷昌宏)
 御異議なしと認めます。よって、指名人は副議長において指名することに決定しました。
 指名人に3番 石井拓議員を指名します。3番 石井拓議員。
○3番(石井拓議員)
 議長に磯貝正隆議員を指名いたします。
○副議長(神谷昌宏)
 ありがとうございました。
 お諮りします。
 ただいま指名のありました磯貝正隆議員を議長の当選人と定めることに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(神谷昌宏)
 異議なしと認めます。よって、磯貝正隆議員が議長に当選されました。
 磯貝正隆議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により当選の告知をいたします。議長、当選承諾のあいさつをお願いいたします。磯貝議員。
○議長(磯貝正隆)
 ただいまは皆さんの温かい御推挙をいただきまして、はえあるこの衣浦東部広域連合議会の議長という要職につかせていただきまして、まことにありがとうございます。もとより浅学非才、微力ではございます。どうか皆様方の御指導と御協力をお願い申し上げたいところでございます。
 この拡大する消防需要と、そしてまたこの地域は地震防災対策強化地域に指定されております。そういうことから、この広域連合の果たす役割は極めて大きなものであるというふうに考えております。円滑な議会運営に十分配慮しながら、圏域住民の期待と負託にこたえるべく全力を挙げてまいりたいと思いますので、どうかよろしくお願いを申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
(拍   手)
○副議長(神谷昌宏)
 議長が決まりましたので、交代をします。
 本会議をしばらく休憩します。
(休憩 午後 1時45分)
(14番 中島牧子議員 入場)
(再開 午後 1時46分)
○議長(磯貝正隆)
 それでは、休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。
 日程第5、同意第1号「広域連合副長の選任について」を議題といたします。
 本案の説明を願います。広域連合長。
○広域連合長(林 郁夫)
 ただいま上程されました同意第1号「広域連合副長の選任について」、御説明申し上げます。
 議案書の1ページをお願いいたします。
 平成24年3月31日をもって広域連合副長大嶌誠司氏が任期満了により辞職されましたので、後任の副長の選任をお願いするものであります。
 広域連合副長につきましては、広域連合規約第12条第5項におきまして、広域連合長が広域連合の議会の同意を得て、関係市の副市長のうちからこれを選任するものとされております。この規定に基づきまして、知立市副市長の清水雅美氏を適任者として御提案申し上げるものであります。何とぞ満場の御同意を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。
○議長(磯貝正隆)
 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入りますが、質疑の回数は議会会議規則により同一議題について3回以内となっておりますので、厳守願います。それでは、発言を許可いたします。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許可いたします。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 本案に対する反対討論はなしと認めます。
 次に、本案に対する賛成討論の発言を許可いたします。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 本案に対する賛成討論はなしと認めます。
 これにて討論は終わります。
 これより同意第1号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 原案のとおりこれを同意する決定に御異議ございませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 御異議なしと認めます。よって、本案はこれを同意することに決定をいたしました。
 本会議をしばらく休憩いたします。
(休憩 午後 1時48分)
(再開 午後 1時50分)
○議長(磯貝正隆)
 それでは、休憩前に引き続き、会議を開きます。
 日程第6、同意第2号「監査委員の選任について」を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、15番 三浦康司議員の退席を求めます。
(15番 三浦康司議員 退席)
○議長(磯貝正隆)
 提出者から提案理由の説明を願います。広域連合長。
○広域連合長(林 郁夫)
 ただいま上程されました同意第2号「監査委員の選任について」、御説明申し上げます。
 議案書3ページをお願いいたします。
 平成24年5月10日をもって松浦満康議員が都合により監査委員を辞職されましたので、後任の監査委員の選任をお願いするものであります。広域連合の監査委員につきましては、広域連合議会議員のうちから選任するものとして、三浦康司議員を監査委員に選任いたしたく御提案申し上げるものであります。何とぞ満場の御同意を賜りますようよろしくお願を申し上げます。
○議長(磯貝正隆)
 提案理由の説明は終わりました。
 質疑に入ります。発言を許可いたします。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許可いたします。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 本案に対する反対討論はなしと認めます。
 次に、本案に対する賛成討論の発言を許可いたします。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 本案に対する賛成討論はなしと認めます。
 これにて討論は終わります。
 これより同意第2号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 原案のとおりこれを同意する決定に御異議ございませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 御異議なしと認めます。よって、本案はこれを同意することに決定をいたしました。
 退席中の15番 三浦康司議員の入場を許可いたします。
(15番 三浦康司議員 入場)
○議長(磯貝正隆)
 次に、日程第7、議案第7号「財産の取得について」を議題といたします。
 本案の説明を願います。消防長。
○消防長(高見三男)
 ただいま上程されました議案第7号「財産の取得について」提案理由の御説明を申し上げます。
 これは、衣浦東部広域連合議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を得る必要があるからでございます。
 議案書の5ページをお願いいたします。
 取得する財産の種類は救助工作車(U型)、数量は1台でございます。これは、高浜消防署配備の救助工作車が本年5月末現在で15年と3カ月経過すること及びNOX・PM法により現車両が使用できなくなるため、更新をお願いするものでございます。
 取得金額は8,447万2,500円で、予定価格に対する比率は99.38%でございます。契約の相手方は、名古屋市中区金山二丁目1番5号、平和機械株式会社代表取締役小野寛利でございます。
 以上、御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、原案どおり御決定賜りますようお願い申し上げます。
○議長(磯貝正隆)
 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。発言を許可いたします。2番 下島議員。
○2番(下島良一)
 今の説明によりますと、高浜市へ配備するという説明でございましたが、この工作車(U型)というのは、この広域連合では現在どのように配備をされておるのか。また、今後この救助工作車を更新する消防署というのはどこにあるのか、その辺について少し明らかにしていただきたいと思います。
○議長(磯貝正隆)
 ただいまの質問に対して答弁願います。消防課長。
○消防課長(北澤清秀)
 U型はどのように配備されておるかということでございますが、知立署、碧南署にU型のものが配備されております。
 今後の更新ということですが、一番これから最初に更新されるのが碧南署、これが27年を予定しております。
 以上です。
○議長(磯貝正隆)
 ほかに。14番 中島議員。
○14番(中島牧子)
 NOX・PM法ということで、これが排気ガスの関係で使えなくなる、15年3カ月という経過もしているという、こういう説明でありました。99.38%という、こういう落札率というものが今発表されました。議決はこれ1件ということになっております。金額の関係で。議決を要しないものも予算の中では何台か、同じような理由等で買いかえるというような予算があったというふうに思います。
 一応ホームページで見ましたけれども、水槽付ポンプ自動車とか化学消防自動車、ポンプ自動車、それから高規格救急自動車と、こういうものも購入をしているというのが載っておりました。今年度の購入というのはこれで大体すべてということで見ていいのか。今は落札率99.38というふうに発表がありましたが、その他のものについてもこの際伺っておきたいというふうに思います。ホームページのほうで落札率というものが発表されていくものかどうかですね、これについては。かねてより一般質問でも伺ってきたテーマではありますけれども、予定価格の公表についての考え方とか、落札率の公表ですね。こういったものについてどんな扱いになるのか。また、その辺をまず伺いたいと思います。
○議長(磯貝正隆)
 ただいまの質問に対して答弁願います。消防課長。
○消防課長(北澤清秀)
 今年度の更新につきましては、8台を予定しております。今のところ6台が契約済みという状況でございます。
○議長(磯貝正隆)
 総務課長。
○事務局総務課長(近藤 初)
 関係分についてお答えをいたします。今年度の既に終わっている入札の関係の落札率ですが、申しわけございません、ほかのものについてちょっと資料を持っておりませんので、今落札率はわかりません。
 それと2点目ですが、落札率の公表ということでございます。以前にも御質問いただきました。その後、関係市の状況など調査・研究をしておりますが、まだ実施をしていない市もございまして、現時点におきましてはまだ具体的に実施をする予定は持っておりませんので、よろしくお願いをいたします。
○議長(磯貝正隆)
 14番 中島議員。
○14番(中島牧子)
 6台契約は、購入が契約成立しているということですね。8台の予定のところ6台までは進んでいるということですね。これは予算が通っているわけでありますので、速やかにということになろうかと思いますけれども、今後どのような計画なのかということも、せっかく予算をつけるわけですから、その計画はどうなのかということ。
 今落札率はわからないというふうにおっしゃって、今もネットのほうではそれは出ていないわけでありますけれども、これは今のところ、公表するという考えは今のところまだないと、こういう答弁でしたね、今。議会にかかったものについては口頭で毎回教えていただけるということです。議会にかからないものですね。先ほどちょっと述べたものですけれども、それぞれは議会に諮らないわけですから、落札率もわからないままということになってしまいますけれども、それについては、議会側には後日報告いただけるということでよろしいんでしょうか。
 できれば予定価格の公表、事前公表というところにまではなかなかいかないということもあろうかと思いますが、落札率の公表、事後の公表ですから、これは。これについてはインターネット等できちんと市民に情報公開をすべきではないかというふうに思うわけですね。これについてはどんなお考えを持ってみえるのか。各市の調査ということを言っておられるわけですけれども、結果公表ですから、これについてはやっていただけるという方向で何とかならないのかなと思いますけれども、再度この点について伺っておきたいと思います。
 それは入札、契約の規則というものに特に書いていない点なんですね、今のは。契約規則。予定価格についても、一般競争入札、競争入札のところで予定価格については決めがありますけれども、公表するかどうかは連合長の意向によるんだと、こういう表現で契約規則の中に書かれております、これ。さっき見ておったんですけれども。そういうふうに書いてあるので、絶対にやらないんだということにはなっていない。連合長が必要と認めるときには予定価格の公表を行うというふうに書いてあります。この点から見ても、もう少しどういうスタンスで連合としては入札に向き合っていくのかということですね。この辺については、ちょっとお考え方を、責任ある立場の方にお考えを聞きたいというふうに思いますが、いかがでしょうか。
○議長(磯貝正隆)
 ただいまの質問に……消防課長。
○消防課長(北澤清秀)
 先ほど契約済みと申し上げましたが、入札済みの間違いでございますので、よろしくお願いします。
 残った2台でございますが、来月6月と7月にそれぞれ予定をしております。
○議長(磯貝正隆)
 総務課長。
○事務局総務課長(近藤 初)
 まず1点目の、先ほどの落札率の件でございますが、今年度の分につきましてはまた調べまして、後日御報告のほうさせていただきたいと思います。
 それと、2点目の落札率の公表というお話でございますが、予定価格の公表ということでもございます。当連合の購入する物品は特殊な物品が多いというようなことで、毎年、今回出させていただいておる消防車両等、購入年度は違えど内容が似てきているというところがございますので、予定価格を公表することによりまして、またさらに落札率が高くなるというようなおそれもございますので、その辺も含めて総合的に研究のほうをしてまいりたいというふうに考えております。
 以上でございます。
○議長(磯貝正隆)
 14番 中島議員。
○14番(中島牧子)
 研究、検討課題ということで、引き続きということでありましたけれども、ぜひ、各関係市においてはもう実施しているところもあるということから、もう少しこの辺の調整をやっていただきたいなというふうに思います。
 それから、契約規則の改正について、3月27日の掲載ということでネットのほうで出ております。これについてはまだ御説明がいただけていないなというふうに思います。低入札の関係で、前にも少し私も質問させていただきましたけれども、この点に関係する改正かなというふうに思います。その点、改正前、改正後という形でこの際御説明をいただき、今後もさらにこの契約規則については厳正に検討されて、改善の方向へ一歩一歩進めていただきたいと、こんなふうに思いますので、お願いをいたします。
○議長(磯貝正隆)
 総務課長。
○事務局総務課長(近藤 初)
 契約規則の改正の点でございます。2点ほどございます。前払金を30%から40%に引き上げたものと、もう1点が最低価格でございます。65から80%のものを70から90という形で引き上げたものでございます。
 以上でございます。
○議長(磯貝正隆)
 ほかにありませんか。2番 下島議員。
○2番(下島良一)
 消防救助工作車はT型からW型まであるわけですが、この広域連合では、先ほどU型は知立と碧南に配備されておるということでしたが、そのほかの消防署はどのような工作車がどのように配備されておるのか、お聞きをしたいと思います。
 それから、このU型については、いろいろ装備の内容があるかと思いますが、今回装備されるU型の工作車はポンプが装備をされておるのかどうか。それから、そのほかでどういう特殊なものが装備されておるのか、その辺についてもう少し詳しくお聞かせをいただきたいと思いますが。
○議長(磯貝正隆)
 消防課長。
○消防課長(北澤清秀)
 救助工作車の配備でございます。先ほども申し上げたとおり、U型については碧南、知立、今度高浜に入りますので3台ということです。あと、刈谷署、安城署につきましては、V型のものが配備をされております。
 その装備内容でございますが、ポンプについては装備はしておりません。中身につきましては、例えばウインチ、クレーン、照明等を車両に装備しております。それから、積載物といたしましては、油圧ジャッキ、それから油圧のスプレッダー、また油圧で動きます切断機やエンジンカッター、また、それに加えてマット型の空気ジャッキというものもありますが、こういったものを積載しまして救助現場に向かうということになっております。
 以上です。
○議長(磯貝正隆)
 よろしいですか。6番 野村武文議員。
○6番(野村武文)
 若干の関連でございますが、今私は入札執行調書というのを見せていただいて、入札価格に対して99.38%と。しかも、予定価格については公表されていないという今お話がございました。それで、入札執行調書を見せていただきますと、一番上に書いてあるのが平和機械の8,045万円ということで、これが落札されたわけであります。この落札の予定価格との比が99.38%というわけですね。
 そうしますと、例えば100%ということになると、おおむね3番目のモリタさんのほうの8,095万ぐらいがおおむね100%ぐらいの感じになるんですね、予定価格に対して。そうしますと、例えば、非常に100%に近いという点で、非常に一般の競争入札の場合だと疑義を生ずるということになるわけですが、考えてみるとこの上位3社については100%に限りなく近いという、そういう問題が生じているわけですよね。その場合に、これは確かに安いということですよね。50万ばかり安いということですね、モリタさんに比べると。しかし、こういうふうに接近して、確かに安いという問題は問題として、正確だとは思うんだけれども、果たして性能との関係で、再チェックをかけるというようなことは現実問題としてあり得るんでしょうか。
○議長(磯貝正隆)
 よろしいですか、答弁。消防課長。
○消防課長(北澤清秀)
 製品のでき上がったもののチェックということでお答えしてよろしいでしょうか。仕様書をもちましてそれぞれ1品ずつ検査をやっておりますので、チェックはしっかりやっておるものと考えております。
○議長(磯貝正隆)
 6番 野村議員。
○6番(野村武文)
 チェックされていると思いますし、今後それはそれとしてお願いしたいんですね。ただ、私が本当に申し上げたいのは、チェックされているのは当然のことだと思うんですね。しかし、モリタさんの場合8,095万円で、多分これ100%よりもちょっとさらに落ちるんですよね、きっと。だけども、何が言いたいかというと、限りなく100%に双方近いと。金額的にも50万とか、上のほうでいうと45万とか、そういう違いだということなんですよ。
 確かに低いから落札ということで、それは結構なことなんだが、そこでちょっと疑問に思うわけですね。そのぐらいの近くで、ちょっと、1円でも低ければ、これは1,000円単位ですから1,000円でも低ければそこに落ちてしまうということになるんですよね。私は、そういう極端なことは例としてはいいんですけれども、この範囲もですよ、払い主が99.38%ですからね。モリタさんは多分まだ100%ちょっと切るぐらいの感じですよね、これでいうと。そうすると、そういう範囲の話で、ちょっとでも安ければそれで落ちるということで、現実的に間違いというふうには思いませんし正しいとは思いますが、しかし、はたとして考えると、これじゃ製品として再チェックが必要ではないのかと。確かに今チェックをされて間違いないということだと思いますが、ただしもう一つ再チェックをかけるような仕組みをどこかでかませていただくような仕組みが必要ではないかという疑問を今感じましたのでね。一度、特に答弁はよろしいんですが、検討をちょっとお願いしたいなと思っております。
 その場合に、他市の関連でそういう事例、課長がおっしゃったようにいわば特殊でもって、ほとんど金額が均衡してきてしまうというのがまたちょっとよくわからないんだけれども、そういうことになると、ほかの各市においてもこういう問題が必ず生じてきているんじゃないかなというふうに思うわけです。その場合に他市の状況では、他市というか消防のところですよね。そういうところがどういう手法をとっていらっしゃるのかね。ただ単に、この一般競争入札の手法で単に安ければいいのか。もちろん一応の基準でチェックされた後の入札であることは承知しておるわけですけれども、果たしてじゃそれで望ましいかというのはちょっと疑義を生ずるんじゃないかなというふうに考えますので、一応再検討というか、もうちょっと研究をしていただくようにお願いして、質問を終わります。
○議長(磯貝正隆)
 ほかに。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 ほかにないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許可いたします。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 本案に対する反対討論はなしと認めます。
 次に、本案に対する賛成討論の発言を許可いたします。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(磯貝正隆)
 本案に対する賛成討論はなしと認めます。
 これにて討論は終わります。
 これより採決に入ります。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の議員の挙手を求めます。
(賛成者挙手)
○議長(磯貝正隆)
 挙手全員であります。ありがとうございました。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これで本臨時会に上程されました案件は、すべて終了いたしました。
 議員各位におかれましては、御熱心に御審議賜り、また議事進行に御協力をいただき厚くお礼を申し上げます。これをもちまして、平成24年第1回衣浦東部広域連合議会臨時会を閉会いたします。ありがとうございました。
(閉会 午後 2時13分)












地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。


     平成24年5月25日


      衣浦東部広域連合議会 議  長  磯 貝 正 隆


      衣浦東部広域連合議会 前 議 長  三 浦 康 司


      衣浦東部広域連合議会 副 議 長  神 谷 昌 宏


      衣浦東部広域連合議会 議  員  野 村 武 文


      衣浦東部広域連合議会 議  員  松 浦 満 康







       平成24年第1回衣浦東部広域連合議会臨時会会期日程

月 日 曜 日 開 議 日  程
5月25日 午後1時30分 臨時会 ・開会
    ・議席の指定
    ・会議録署名議員の指名
    ・会期の決定
    ・副議長の選挙
    ・議案上程〜採決
     (同意第1号及び同意第2号)
    ・議案上程〜採決
     (議案第7号)
    ・閉会







       平成24年第1回衣浦東部広域連合議会臨時会審議結果

種類・番号 件   名 審議結果
同意第1号 広域連合副長の選任について 同意
同意第2号 監査委員の選任について 同意
議案第7号 財産の取得について(救助工作車) 原案可決