各地で不適正な点検や高額請求の被害が多発しています!
 
消火器の訪問点検に
 
ご注意
 
点検を承諾する前に必ず契約業者であるかを確認しましょう。

緊急のお知らせ

契約業者でない場合は・・・
トラブル防止のポイント
身分証明書等の提示を求める。
はっきりと点検を拒否する。
契約書にサインや、ハンコを押さない

 

業者の手口は・・・
特に消火器をたくさん設置している防火対象物をねらってきます。
支店、出張所等の出先が多い事業所等。
スーパー・百貨店等。
私立の学校、幼稚園等。
出入りの点検業者を巧妙に装います。
訪問前に電話をかけて信用させます。
本社などからの依頼のように装います。
点検の承諾をあいまいにすると、素早く消火器を集めだします。
正規の契約業者の点検内容をみて、点検の理由をでっちあげます。
内容を説明せず、一見合法的な書面に署名、押印を求めてきます。
点検等の理由づけが記入された一見合法的に見える契約書を提示してきます。
 

 

もし、気づかずにサインや点検の承諾をしてしまっても・・・
請求金額の値引きを要求すると、契約を認めることになるので言わない。
料金をその場で支払ったり、払う約束は絶対にしない。
点検業者のまぎらわしい表現等に対して、契約の無効を主張する。


不安を感じたら!契約する前に!
悪質商法110番 052−951−4194
西三河消費生活センター 0564−27−0999
問合せ 予防課予防係 0566−63−0136