京都府福知山花火大会
平成25年8月15日、京都府福知山市で行われた花火大会において、死者3名、負傷者56名という甚大な被害を伴う火災が発生しました。
この火災は、花火大会に出店していた露店の関係者が、発電機にガソリンを給油しようとしたところ、ガソリン携行缶からガソリンが噴出して周囲の観客に降りかかるとともに、露店の方向にも噴出し、露店で使用していたガスコンロの火に引火し爆発したもので、露店で使用していたガスコンロが出火原因の一つであると考えられています。

衣浦東部広域連合火災予防条例の一部改正の概要
主な改正事項は、次のとおりとなります。

1 祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して対象火気器具等を使用する場合に消火器の準備をした上で使用することを義務付けます。
※対象火気器具等とは
@ 液体燃料を使用する器具・・・グリドル、石油ストーブ、発電機等
A 固体燃料を使用する器具・・・七輪、火鉢、炭火コンロ等
B 気体燃料を使用する器具・・・ガスコンロ、ガスストーブ等
C 電気を熱源とする器具 ・・・電気コンロ、電気ストーブ等
D 使用に際し火災の発生のおそれのある器具・・・火消しつぼ等


◎準備する消火器は、業務用の消火器とします(住宅用消火器やエアゾール式消火器具は認められません。)。また、腐食、変形等のない消火器を準備してください。


2 祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合には、あらかじめ、その旨を消防長に届け出ることを義務付けます。

◎露店等の開設届出の受付の際に、露店等の関係者に消火器の位置、対象火気器具等の配置、火災発生時の対処方法等について確認するとともに、チェックリストを配布し、露店等の開設者が自主的に点検をできるようにします。

※消火器の準備及び届出が必要となる催しは、一時的に一定の場所に不特定多数の人が集まることにより混雑が生じ、火災が発生した場合に危険性が高まる催し、具体的には、祭礼、縁日、花火大会、展示会等の一定の社会的広がりを有するものを対象とします。相互に面識がある者が集まる催しなど、集まる者の範囲が個人的なつながりに留まる、個人的な「バーベキュー大会」、「幼稚園等で行う父母が主催する行事」、「子供会行事」及び「町内会、自治会が主催するその地域の人を対象とした行事」等は、対象外とします。しかし、安全のためにも、対象火気器具を使用する場合は、消火器の準備をおすすめします。

※届出を行う者
「露店等を開設しようとする者」とします。ただし、一つの催しに複数の対象火気器具等を使用する露店等が開設される場合には、個々の露店主がそれぞれ個別に消防署に対して届出を行うのではなく、当該催しの主催者、施設の管理者、露店等の開設を統括する者等が取りまとめて消防署に届出をすることとします。

※届出先は、露店等を開設する場所を所轄する各消防署(本署)予防係となります。

 露店等の開設届出書(WORD) (PDF)

 チェックシート(WORD)

1及び2は、平成26年7月1日から施行します。

3 屋外における催しの防火管理体制の構築を図るため、大規模な催しで消防長が定める要件に該当する屋外で行う催しを指定催しとして指定し、指定催しを主催する者に対して、防火担当者の選任、火災予防上必要な業務の計画の作成等を義務付けます。

◎大規模な催しを指定するときは、あらかじめ催しを主催する者の意見を聞き、指定した際には、催しを主催する者に通知するとともに公示します。
◎指定催しの主催者は、速やかに防火担当者を定め、火災予防上必要な業務の計画を作成し催しの開催14日前までに消防長へ提出します。

火災予防上必要な業務に関する計画提出書 (Word ) (PDF)

※消防長が定める要件に該当する催し
主催する者が出店を認める露店等の数が100店舗以上の規模の催しとなります。

3は、平成27年7月1日から施行します。

問い合わせ
◎露店等の開設に関すること
碧南消防署予防係 41−2623
刈谷消防署予防係 23−1639
安城消防署予防係 75−2458
知立消防署予防係 81−4142
高浜消防署予防係 52−1191

◎指定催しに関すること
消防局予防課予防係 63−0136