消火器について


消火器は、初期火災において、消火する人が安全にかつ確実に消火することができるものです。


種類

消火器には、消防法令等により設置義務がある防火対象物等に設置される「業務用消火器」と、設置義務のない一般住宅等に設置される「住宅用消火器」があります。

構造については、加圧式のものと蓄圧式のものに大きく分けられます。

消火薬剤の種類は、粉末や液体のものその他にガスや泡の出るものがあります。

○住宅用消火器

・天ぷら油火災やストーブ火災に対応

・コンパクトで女性や高齢者でも操作しやすい

・本体容器の色の規制がない

(カラフルなものもある)

・薬剤の詰め替えはできない

住宅用消火器の表示の例




○業務用消火器

・家庭用消火器より消火能力や使用範囲が優れている

・6ヶ月毎の法定点検が必要

(防火対象物に設置した場合)

・本体容器の色に規制がある

(25%以上が赤色)

・薬剤の詰め替えが可能

 (一部詰め替えできないものもあります)


業務用消火器の表示の例



使用方法

1 黄色の安全ピンを上に引き抜きます。

 


2 ホースをはずし火元に向けます。この時、ホースをしっかりと持ちます。


3 レバーを強く握ります。

 

 注意事項

消火器による初期消火は、天井に火が移る前までを目安としてください。

消火薬剤の放射距離は3〜6m、放射時間は約15秒です。

火災を発見したら、大声で周りに火災を知らせ、より多くの消火器を集め連続して使用しましょう。

耐用年数

住宅用消火器は5年程度

業務用消火器は8〜10年

 消火器に耐用年数が記載されていますので確認してください。

維持管理

腐食しやすい場所、湿気の多い場所、潮風や雨風にさらされる場所に設置しないでください。

※破裂による事故につながるおそれがありますので、耐用年数以内の消火器であってもサビや変形のあるものは使用しないでください。

処分・リサクル

消防署や市役所では消火器の収集を行っていません。

消火器の処分は(一社)日本消火器工業会が地域の販売代理店(特定窓口)と協力して行っていますので、お近くの窓口へお問い合わせください。

リサイクルシステムの流れhttp://www.ferpc.jp/recycle/index.html

 


リサイクルシールが必要です。
・リサイクルシール代金以外に運搬費用・保管費用が必要です。(料金は窓口へお問い合わせください。)

リサイクル申し込み窓口

窓口はhttp://www.ferpc.jp/accept/で検索できます。

お近くに窓口が無い場合は郵送でも回収できます。

  ※必ず、事前に電話又はインターネットで申し込みが必要です。

   申込先 ゆうパック専用コールセンター

   TEL 0120-822-306 ホームページ http://www.ferpc.jp/

このリサイクルシステムに関する問い合わせ先

 (一般社団法人日本消火器工業会代理)

株式会社消火器リサイクル推進センター TEL03-5829-6773

  ホームページ http://www.ferpc.jp/

購入方法

消火器を購入される場合は、お近くの販売店で購入するか、日本消火器工業会会員各社にお問い合せください。

不適正な消火器の点検や悪質な訪問販売にご注意を!!

 業者を装った男が高齢者宅を訪問し、「お宅の消火器は古くて使えないから買い換える必要があります。今なら値引きします」と言いながら、通常価格より高く購入した例や出入り業者を装って不適切な点検(消火薬剤の詰め替え)を行ったりする業者がいます。

 これらの場合は、

・身分証明書の提出を求める

 ・あやしいと思ったら、勇気をもってキッパリことわる。

 ・契約書をよく読み、むやみにサインをするのはやめる。

 ・相手が脅迫行為に出た場合は、速やかに警察へ通報しましょう。

もし、気付かずにサインや承諾をしてしまったら・・・一般家庭では8日以内ならクーリングオフが可能です。会社等にはクーリングオフは適用されません。

 

 

 

 

お問い合わせ 衣浦東部広域連合消防局予防課予防係
448-8677刈谷市小垣江町西高根204番地1 (周辺案内図)
電話 0566-63-0136  FAX 0566-63-0130
e-mail
 yobou@kinutoh.jp