• 文字サイズ・色合い変更
  • サイトマップ

ホーム > 令和3年度文化財防火デーに伴い消防訓練を実施しました。

ここから本文です。

令和3年度文化財防火デーに伴い消防訓練を実施しました。

更新日:2022年1月20日

「文化財防火デー」について

  

法隆寺金堂壁画が火災により失われた、昭和24年1月26日にちなみ、毎年1月26日を「文化財防火デー」と定め、文化財の愛護に関する意識の高揚を図るため、全国的に「文化財防火運動」を展開し、訓練が行われています。

 

碧南市では、令和4年1月19日(水曜日)、應仁寺(碧南市油渕町1丁目6番地)において、西端地区にお住いの皆様と消防訓練を行いました。

消防用設備等の点検後、管理者による「火事だ」の一声から訓練が始まり、実際の119番通報訓練、文化財(模擬)搬出訓練を行いました。

その後、消防隊による放水訓練の見学、消火器の取扱い説明を行い、訓練を終了しました。

消防設備等点検 通報訓練

文化財搬送訓練 消火器説明

放水訓練

コロナ禍での開催のため、感染拡大防止対策を行い、訓練を実施しました。

火災は、いつどんな時に起こるかわかりません。

各ご家庭にも、文化財と同じように、大切な物があると思います。

火災を起こさないよう、日ごろから火の取扱いに十分注意していただき、

火災が起きた時、発見した時は

◆すぐに大きな声で周囲に知らせる

◆すぐに119番通報をする

◆近くに消火器があれば、正しい取扱いで初期消火をする

◆避難経路と避難方法を確保しておく

これらの火災発生時の対応を忘れずに、火災に備えてください。

家庭には、住宅用火災警報器を設置し、消火器を備えるようにしてください。

 

碧南消防署 予防係

お問い合わせ

碧南消防署   

〒447-0844 碧南市港本町1番地29

電話番号:0566-41-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?