• 文字サイズ・色合い変更
  • サイトマップ

ホーム > 衣浦東部広域連合の魅力・取組を知る

ここから本文です。

衣浦東部広域連合の魅力・取組を知る

衣浦東部広域連合とは

位置・地域

  • 消防局(本部)
  • 消防署
  • 分署・出張所

面積 202.54

人口 533,724

平成30年6月1日 各市公表の数値による

衣浦東部広域連合は、愛知県碧南市、刈谷市、安城市、知立市、高浜市の5市が設立している広域連合(消防組織)です。現在、1本部5消防署6分署・1出張所の組織体制で、管内人口規模が愛知県内で名古屋市に次ぐ消防組織となっています。

消防広域化のメリット

新たな取り組み

高機能消防指令システム
全ては市民のために―安心・安全 な暮らしを守る指令システム

 

消防車両の紹介Introduction of fire engines

消防車両の紹介一覧

消防ポンプ自動車

消防ポンプ自動車は、消火栓や河川・池などの水利に部署し、水を吸い上げ圧力をかけて放水する車両です。

消防ポンプ自動車について詳しく見る

水槽付消防ポンプ自動車

水槽付消防ポンプ自動車は、1,500リットル程度の水を積んだ消防ポンプ自動車で、タンク車、速消車(即消)などとも呼ばれています。

水槽付消防ポンプ自動車について詳しく見る

化学消防ポンプ自動車

1,300リットル程度の水槽と500リットル程度の薬液槽を装備しています。もちろん、一般の消防ポンプ自動車と同じく一般火災時には水を放水することもできます。

化学消防ポンプ自動車について詳しく見る

衣浦職員密着24時!EVERYDAY

衣浦職員密着24時!一覧

山本優里

山本優里訓練

産休、育休を経て2017年4月に仕事復帰し、愛知県初の試みとして時短勤務で職に就いています。
女性ならではの心遣いや自分にしかできないことを武器として、さまざまな場面で活躍することを目標に仕事を続けていきたいと考えています。

山本さんに密着!

河崎慎也

河崎慎也訓練

火災現場での消火活動のほか、消防車の車両点検、地域の消火栓や店舗の自動火災報知器の点検、火災予防運動などに携わっています。救急件数が多いことから、救急車に乗り救急隊員として活動することもあります。

河崎さんに密着!

消防音楽隊FIRE MUSIC CORPS

平成15年4月1日、防火防災思想の普及及び隊員の士気高揚に貢献するため、消防職員41名で衣浦東部広域連合消防音楽隊が発足しました。住民の皆様に“火災予防”への理解と協力を呼びかけるため圏内各地で年間を通じて演奏活動を行っています。これからも圏域住民と消防のかけ橋として、皆様に親しまれる音楽隊を目指し、演奏活動を続けてまいります。

消防音楽隊活動一覧を見る

日々の活動報告ACTIVITY REPORT

日々の活動報告一覧

平成29年度救急症例検討会を開催

平成30年2月28日(水曜日)に、指導医師として安城更生病院の田渕昭彦医師及び藤田保健衛生大学病院の岩田充永医師、並びに助言者として、刈谷市役所から羽田野輝子保健師をお招きして救急症例検討会を開催しました。

平成29年度救急症例検討会を開催しました。

救命技術発表会を実施

平成29年12月14日(木曜日)に、愛知県厚生農業協同組合連合会安城更生病院の田渕昭彦医師をお招きし、安城市のアンフォーレで救命技術発表会を開催しました。

救命技術発表会を実施しました。

平成29年度第3回救急講演会を開催

平成29年11月14日(火曜日)に、救急振興財団救急救命九州研修所の郡山一明教授をお招きして、刈谷市総合文化センターアイリス小ホールで『衣浦東部広域連合消防局救急講演会』を開催しました。

平成29年度第3回救急講演会を開催しました。