• 文字サイズ・色合い変更
  • サイトマップ

ホーム > 救急 > 119番 > 119番のかけ方

ここから本文です。

119番のかけ方

更新日:2018年3月19日

消防局管内(碧南・刈谷・安城・知立・高浜)で119番をかけると、刈谷市小垣江町にある消防局通信指令課につながります。
119番通報は、あわてずに落ち着いてゆっくり話してください。

火事のとき

消防の問いかけ

あなた

はい、119番です。火事ですか、救急ですか?

火事です。

住所はどこですか?

○○市○○町○丁目○番地○○アパート○○号室です。

何階建ての何階が火事ですか?

8階建てで5階の○○号室です。

何が燃えてますか?

天ぷら鍋の油から火が出て、台所の壁が燃えています。

逃げ遅れた方やケガをした方はいませんか?

家族は全員避難しましたが、お母さんが手に火傷をしました。

あなたの名前と電話番号は?

衣東太郎です。電話は0566-○○-○○○○です。

わかりました。すぐに避難してください。

(受話器を置く。できれば消防車を誘導してください。)

救急のとき

消防の問いかけ

あなた

はい、119番です。火事ですか、救急ですか?

救急です。

住所はどこですか?

○○市○○町○丁目○番地○○アパート○○号室です。

どうしましたか?

70歳になる父が、胸が苦しいと訴えています。

持病、かかりつけの病院はありますか?

高血圧で、○○病院に通院しています。

あなたの名前と電話番号は?

衣東太郎です。電話は0566-○○-○○○○です。

わかりました。

(受話器を置く。できれば救急車を誘導してください。)

携帯電話から通報する場合のお願い

  • 電波の状況により管轄外の消防本部の119番につながってしまうことがあります。その場合は管轄の消防本部に転送しますので、何市から通報しているかをあらかじめ確認してから通報してください。
  • 道路を走行中に交通事故等を発見し、携帯電話で119番通報されるケースが増えています。走りながらの携帯電話の使用は大変危険ですので必ず停止してから通報してください。走行中の通話は電波状態が変わり、電話が切れてしまうことがあります。
  • 有料道路等などでは、災害地点を正確に伝えるのが難しいので、できる限り道路脇に設置してある非常電話を利用してください。(非常電話には災害地の住所と災害地点の番号等が明記されています。)
  • 携帯電話で119番する前に、公衆電話か一般の加入電話が近くにありましたらご利用ください。管轄する消防署に確実につながります。

通信指令課からのお願い

  • 119番は火災・救急の緊急電話番号です。問い合わせは、ご遠慮ください。
  • 間違えたときは、間違えましたとはっきり言ってください。
  • 119番通報で「サイレンを鳴らさないで来てください。」このような要望がありますが、消防車や救急車は安全、迅速に災害現場に到着できるように赤色灯を回転させ、サイレンを鳴らして走行するように法律で義務付けられた緊急自動車です。鳴らさないで出動することはできません。
  • 「いたずら電話はやめてください。」助けを求めている方が119番が空くのを待っています。

災害問い合わせテレホンサービス

0566-27-1119
(災害のときは音声で災害の場所と種別を案内しています。)

 

11月9日は119番の日

お問い合わせ

消防局通信指令課  

〒448-8677 刈谷市小垣江町西高根204番地1

電話番号:0566-63-0138

ファクシミリ:0566-63-5731

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?