• 文字サイズ・色合い変更
  • サイトマップ

ホーム > 火災予防 > つけましたか?住宅用火災警報器

ここから本文です。

つけましたか?住宅用火災警報器

更新日:2018年8月27日

すべての住宅に住宅用火災警報器を設置することが義務付けられています。きぬティ名入住警器
平成30年6月1日現在のアンケート調査では管内(碧南市、刈谷市、安城市、知立市及び高浜市)の設置率は66%、点検実施率は34%と非常に低い数値となっています。

まだ設置されていない住宅にお住まいの方は自分の命、家族の安全を守るため住宅用火災警報器の設置をしましょう。

すでに設置されているお宅でも定期的な点検を行って火災に備えましょう。

住宅火災による設置の効果

住宅用火災警報器を設置することで、住宅火災による被害が減少しています。

【全国の平成26年から平成28年までの3年間】住警器設置効果26-28

住宅用火災警報器の取り付け場所

碧南市、刈谷市、安城市、知立市、高浜市以外にお住まいの方は、警報器の設置場所、種類についてはお住まいの地域のルールに従って設置してください。

どこに取り付けたらいいの?

  • 寝室(普段、就寝に使っている部屋)
  • 台所(IHクッキングヒーターの場合も設置が必要です。)
  • 階段(2階以上に寝室がある場合必要です。)

取り付ける位置は?

  • 天井に取り付ける場合
    壁や はり から60センチメートル以上(熱式の場合は40センチメートル以上)離れた天井の中央付近に取り付け

  ます。

   エアコンの吹き出し口や換気口から1.5メートル以上離します。

  • 壁に取り付ける場合

   天井から15~50センチメートル以内に警報器の中心がくるように取り付けます。

警報器の種類は?

  • 寝室…煙式

  • 台所…煙式または熱式

   ※調理時の煙などにより誤作動の可能性がある場合は、熱式とすることができます。

  • 階段…煙式

維持管理をしましょう

設置された住宅用火災警報器は、定期的に「点検ボタンを押す」、「点検ひもを引く」などの作動確認をして警報音が鳴るか確認しましょう。

故障か電池切れか判らないときは、取扱説明書を確認するか、メーカーにお問い合わせください。

なお、設置されてから10年以上経過した警報器は、内部の電子機器が劣化しているおそれがあるため、本体の交換をおすすめします。

住警器 点検イラスト

住警器 点検方法

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防局予防課予防係 

〒448-8677 刈谷市小垣江町西高根204番地1

電話番号:0566-63-0136

ファクシミリ:0566-63-0130

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?